歯磨き粉に入ってるツブツブが歯茎の中から大量に見つかることがあると歯科衛生士が警鐘…画像がヤバイことになっている

hamusoku.comツブツブ入りを使うときはよく口をすすぐようにしたほうがよさそう。

引っ越してきました

www.itmedia.co.jp

ということで、kilockもはてなダイアリーからはてなブログに引っ越ししました。

便利なインポート機能があったので、今までの記事はそっくりそのままこっちに移ってる(写ってる?)し、旧サイトにアクセスすると自動的に新サイトにジャンプするようになってる。

 

まぁ、誰も観ていないし、はてなダイアリー終了と同時にkilockも終了しようかとも思ったけれど、インポートが簡単だったので、続けることにした。

気楽にやっていきます。

自動車のブレーキ鳴きを直した

半年ぐらい前からクルマのブレーキが鳴くようになっていた。
ずっと泣き続けるわけではなく、走り始めたときだけ、優しくブレーキを踏んだ時だけ、「キーッ」と鳴く。
多分、ブレーキの温度が低いと鳴くのだろうと思っていた。
だから、冬が終わって暖かくなれば、この症状も改善されるだろうと思っていた。


ところが、春になっても直らない。
そのうち、季節は梅雨になった。
気温はだいぶ上がったが、それでも直らない。
ブレーキに湿気がついていると鳴きやすいのだろう。


梅雨が明けて、夏本番。
今年の夏は異常に暑い。
それでもブレーキ鳴きは直らなかった。
これは温度のせいでも湿気のせいでもないな、とようやくここで気づいた。


ブレーキ鳴きの原因を調べてみた。
「ブレーキパッドの摩耗・劣化」、「ブレーキローター表面に摩擦材が溶着」、「キャリパーピストンのシールの劣化」などなど。
鳴くのは走り始めだけなので、パッドウェアインジケータ(ブレーキパッドの摩耗を知らせるための仕組み)による鳴きではなさそうだ。
対策としては、パッドの交換、ローターの研磨、シールの交換など。
ブレーキ鳴き止めスプレーというものもあるけれど、効果があるのかわからないし、あったとしても一時しのぎにしかならない。


いずれの対策もそれなりにお金がかかるし、どうしたものかと思っていたのだけど、ふと、あることを思い付いた。
もし、ブレーキパッドが偏摩耗している、あるいはローターに異物がついているのが原因だとしたら、強めのブレーキをかけることで、ローターの異物を除去するとともに、パッドとローターをなじませることができるのではないか?
60km/hぐらいのスピードから赤信号で止まるときに、後続車がいないことを確認して、信号直前で急ブレーキ。
これを何度か繰り返した。
後日、冷えた状態から走り始めたら、ブレーキが鳴かない!
長い間悩んでいたことが、こんなに簡単に直ってしまうとは。


最近、遠出をしていなくて、あまりスピードを出せない市街地ばかりを運転していたし、後続車に追突されないように優しいブレーキだったのも原因かもしれない。


2019.1.6後日談
その後、しばらくするとブレーキ鳴き復活……
同じように強めのブレーキをかけてみても治らず。


1年点検のときに、整備士に「ブレーキが鳴くので、お金がかからない範囲でちょっと見てもらえますか?」とお願いしたら、ブレーキパッドの面取りをしてくれた。
これが感動的なまでに効果てきめんで、ブレーキ鳴きが完全に治った!
ディーラーの整備士に感謝。

KP41病を治す方法

最近、PCが勝手に再起動をするようになった。
3Dゲームとか、すごい高負荷をかけてるときならまだしも、普通にネット閲覧してるだけで落ちたりする。
PC内部のホコリが原因かと思って、可能な限り掃除をしてみたけど効果なし。


で、原因は何だろうとネットで調べてみたら、「KP41病」という言葉が出てきた。
KP41病の詳細な説明はここでは省略するが、PCが勝手に再起動する症状をKP41病と呼ぶらしい。
ポイントは「症状」の呼び名であって、「原因」の呼び名ではない。
従って、名前がわかったところで対処法がはっきりしているわけではない。


仕方がないから、いろんなことを試した。
https://freesoft.tvbok.com/windows7/another_kp41/kp41_checkpoint_2015.html
「まずはWindowsの省電力設定を疑いましょう」とのことなので、書かれている通りに設定。
その他、一部サービスの無効化、ページファイル削除、高速スタートアップを無効、グラフィックドライバのクリーンインストールなどなど。
でも、何をやっても治らない。
困った……


もし、CPUの過熱が原因で落ちるのだとしたら、オーバークロックの逆、アンダークロック、つまり処理速度を落としてやればいい。
それで、アンダークロックの方法を調べていたら、意外なことに、特別なことはしなくても、Windowsの設定でできるということがわかった。
Windows10の場合、

1.左下のwindowsマーク(スタートボタン)を右クリック
2.「電源オプション」をクリック
3.関連設定の「電源の追加設定」をクリック
4.「プラン設定の変更」をクリック
5.「詳細な電源設定の変更」をクリック
6.「プロセッサの電源管理」の「最小のプロセッサの状態」と「最大のプロセッサの状態」の両方を思い切って「0%」に設定する

これだけで完全に解決した(今のところ、だけど)。
「まずはWindowsの省電力設定を疑いましょう」っていうのは正解だった。
ただ、何も考えずに書かれている通りに「最小のプロセッサの状態」を100%にしてしまったのが泥沼に足を踏み入れた瞬間だった。


確認のために、「Core Temp」というCPUのクロック周波数や温度を表示するソフトをインストールしてみたところ、周波数は3900Hzから800Hzに、CPUの温度は35℃以上には上がらなくなった。
ネット閲覧をするだけだったら、ほとんど遅さは感じない。
根本的な原因は解決していないのだけど、症状は治まったし、困ることはないのでこれでよしとする。


2019.1.6後日談
1か月ぐらい前に症状再発。
ホコリを掃除しても治らない。
CPUの温度が低いのに突然落ちる。


設定をいじってみたり、メモリとかグラボとかの付け外しをしてみたり(稀に接触不良でKP41が出るらしい)、メモリ電圧を上げてみたりしたけれど、治る気配なし。
どうしたものかと思っていたのだけど、ふと、オンボードでDVI(映像出力)があることに気がついた。
最近3Dのゲームとかやってないし、実はグラボいらないんじゃね?
と思って、グラボ外してみた。
そしたらその後1か月再発なし。
試しにグラボを戻してみたらすぐに再発。


原因がグラボにあるのかどうかはわからない。断定はできない。
KP41の原因はKernel Powerの名の通り、カーネル(OSの中核)の電源の問題なのではないかと思う。
考えられる原因は、PCの電源ユニットの劣化で、グラボがある程度電力を食うから、電圧が不安定になってKP41が発生したのではないかと。
グラボを外すことによって電力に余裕が出て、安定化した、というのが真相ではないかと。
以前、「プロセッサの電源管理」の「最小のプロセッサの状態」と「最大のプロセッサの状態」を0%にしたら症状が治まったのも、CPUによる消費電力が少なくなったことで安定化した、と考えるとつじつまが合う。


この推測が当たっているとすれば、電源ユニットの交換が根本的な解決手段になると思うのだけど、電源も安くはないし、もしこれが原因じゃなかったらショックだし、今のところグラボ外せば安定するので、このまま様子を見ることにする。

なぜ山口達也に“メンバー”をつけるのか?Nスタで説明も

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/25/kiji/20180425s00041000324000c.html

既に示談を進めており、女子高校生側が被害届を取り下げる方針であるため「ニュースをお伝えするときに“さん”や“容疑者”という言い方ではなく山口達也“メンバー”と伝えています」

「さん」でいいじゃん?
俳優の場合は「さん」なんだから↓
https://www.asahi.com/articles/ASK9D622DK9DPTIL027.html
https://mainichi.jp/articles/20170913/dde/041/040/046000c
https://www.sankei.com/west/news/170913/wst1709130019-n1.html

公開されたイラク日報にあるバグダッド日誌が面白すぎる【自衛隊文学】

http://www.nicovideo.jp/watch/so33067544
おもしろい。
そして、最後に紹介された最終回でグッときた。
こういうの、テレビで紹介すればいいのに。


追記
笑えて感動する自衛隊イラク日報バグダッド日誌を読む【part2】
http://www.nicovideo.jp/watch/so33079338